淡路島:ペンションハナ&キッス

2004年4月1泊で淡路島に出かけた。今回泊まるペンションは、淡路島のインターからすぐのプチホテル ハナ&キッス。2003年3月にオープンしたばかりということで非常に美しい。さらに選んだ決め手は、部屋からすぐにドッグランに入れるということ。

初日は運悪く曇り→雨で明石海峡大橋もあまりよく見えなかった。そこでひとつお断り!デジカメ写真をお見せしたいところなのだが、何かのトラブルで初日に撮影した写真はすべて消え去ってしまっていた・・・うそぉ〜
ということでここで紹介する写真はすべて2日目に撮影したもの。しかし2日目は暑いくらいの上天気だったので写真も美しいです♪

ハナ&キッスの正面玄関
ドッグラン(中庭)
バルコニーから見たドッぐラン
バルコニーから覗くパティ

プチホテル ハナ&キッスは、L字型の建物ですべての部屋にバルコニー(上記写真の左下)が設置されそこから約150坪のドッグラン(中庭)に続いている。出入りは建物の正面玄関からでもバルコニーからでも出入りが出来るので朝早い犬の散歩などは他の人の部屋の前を通らずに出入りできるのがとっても便利。
またもうひとつドッグランがありこちらにはミニアジリティセットなどもあって、十分犬たちを楽しませることができる。(プールもオープンしたよう)

お部屋は約8畳ほどの和室(たたみ)の部分と簡単なテーブルセットが置けるフローリング部分、バストイレにバルコニーがついている。もちお部屋のタイプは和室・洋室の2タイプがある。いずれも室内というよりレストランを含めて館内すべてペットは自由にすることができる。食事の際も、フックに犬をつないでおけば一緒に食事が可能。こういう点はとっても嬉しい。
また館内にはゆったり入れる家族風呂があり障害者も利用できるようにすべてバリアフリーとなっている。

室内からバルコニーを望む
和室部分(テレビもあり)

お待ち兼ねのお食事だが、夕食は3種盛りの付け出しに始まり新鮮なお刺身、焼き魚、お肉などボリュームは満点。さらにまさしく和洋折衷なので子供から高齢者までOK。(写真がないのが悲しい・・・)朝も焼き魚がついたボリューム朝食。ご飯とパンは自由に自分でとってくるバイキング形式。なんせスゴイ量です。美味しさは家庭の味の上ランクです。

〒656-2341 兵庫県津名郡淡路町楠本1599-1
TEL/FAX 0799-72-5380   これで1泊2食付¥10,000くらいです。

朝食
アジセットのあるドッグラン

2日目はとても天気が良かったので、あわじ花さじきへ行ってみた。前回来たときは雨と風で何も見ることが出来なかったが、今回は春のシーズンということもありなんせ美しい!ここは駐車場、入場料とも無料とは!絶対お得!

菜の花畑 絶景!
パティ&VITAも嬉しそう

次に出かけたのは静御前の墓。ここにはあのベッカムも触ったという1億円の金塊がある。静御前の墓に行くまでの園内はパティ&VITAもお散歩できるし無料。しかし1億円の金塊だけは拝観料を取るだけでなくペットは不可。

静御前の墓のある園内。美しい!
幸せを呼ぶ鐘らしい。思い切り鳴らしてみた

なぜこんなところに行ったかと言うと、帰りはフェリーで帰りたかったのだ。フェリーの中ではケージに入れておけば客室内にもパティ&VITAを持ち込める。今日は非常に良い天気なので波も穏やか。きっと快適な船旅になることだろう。

しかしここでちょっとしたハプニングが起こった。フェリーに乗るまでに時間があったのでフェリー乗り場のすぐ裏手にある公園に出かけた。そこはお散歩コースには最高の海沿いの場所。パティ&VITAも楽しそうに散歩していると、そこに突き刺すような視線・・・なに?まずその視線に築いたのはVITA。
ヴィー:「ねえちゃん、なんかいる!わたち、こわい」
ぱぁ〜:「どこや!なんやねん」
ヴィー:「あそこ!でっかいねこや!ぷーねえちゃんより、おっきいよ!」
ぱぁ〜」「私にまかしとけ!」

ぱぁ〜「ガウガウガウガウガウ」猛烈な勢いで猫を追っかけまわす・・・きゃあ〜、とっさのことでパティの力に振り回されたのだが、なんとか制御。事なきを得た。それにしてもパティって・・・どこでもヤクザやなぁ。

鋭い視線の野良猫
海沿いはひたすら直線の道が続く